医療・介護の鍵diary

健育社代表がガツガツほのぼの医療介護を語るページ

台湾のACP(事前指示書?人生会議?)

久しぶりのブログです。

2020年から読売新聞社の医療系サイト「yomiDr./ヨミドクター」

では、人生会議のコラム対象者を長い間募集されていました。

そうこうしているうちにCOVID-19などから、

記事として進む様子はあまりなかったのですが、

最近、コラムがゆっくりと始まっていました。

 

今回、台湾の制度について掲載されていました。

 

私自身こうした仕組みが一番現実的だと思っていたのでご紹介します。

これは、日本で言う「公正証書遺言」と同じような仕組みを

遺言ー公証役場(法務関連専門家)ではなく医療機関で医療従事者と行うような感じでしょうか。

 

yomidr.yomiuri.co.jp

 

今、日本では医療行為に関する公正証書文書化はできますので文書として

法的に残すことはできるのですが、踏み込める内容になりうるものなのか、

基本的には医学的判断と伴って合意形成が必要なので、そもそもうまく機能できるのかどうかが問題だろうと感じていました。

 

実際私自身は公正証書を残した方を知っていますが、その後の実際の実行プロセスや医療サイドの受け入れについて、あるいは、その後のお話や事実を追跡したことはありません。そこについても常に運用はどうするのか、仮に証書を作ってもどう知らせ伝え、話し合いに使うのか、イメージがありません。

 

そこがつながらない限り、何を記したところでどうなんだろう。

と言う 思いを払拭できずに長年過ごしています。

 

台湾のこの制度は実際どう運用されているのか、

こうした記録において「緊急性の高い時」にどれほどこの指示書が

適応できるのか、どう意思決定を進めていくのかと言う点でどのように運用がとても重要だなと思う次第です。

 

実際のお話を聞いてみたいです。

・・・どうすればできるでしょうか。

 

在宅勤務が普通になれば

COVID19で事業や生活が厳しいかた、ようやく感染者数が減少に転じてきて

あと一踏ん張りかと思うと、気分が少しずつ晴れやかになってきますね。

 

とはいうものの、

すぐに元に戻れるという状況ではないのではないかとも考えています。

変わっていかなければならないこともあると思います。

 

その中で一番私が、前向きにこの変化で嬉しいと思ったことは、

 

多くの仕事が在宅勤務でできる と、皆がわかったこと。

 

それによって

介護をしながら働くということに対してハードルが低くなったこと。

 

どこでも働けるのであれば、介護していても、育児していても、

かかる時間の調整や業務の調整など条件を整えれば十分できますよね。

 

そんな中

www.bbc.com

さっそく、GAFAのうちの2社が在宅勤務を延長とのこと。

 

本当に移動して集まることが必要なのかどうか。

 

様々な手段がすでに生まれている中で、同じ空間にわざわざ満員電車に揺られて

出社する意味が問われた感じですね。

 

大昔は、仕事ばかりで「社会的入院」などという言葉があったんだよ

 

という事が話せる時代が来るんだろうな

と思っています。

 

社会的入院を事実上せざるを得なかった私としては、

社会が変わり、安心して家で過ごし、家で働き続けられる環境に

一歩進んでよかった

と思っています。

もちろん、まだまだこれからだと思いますが…。

 

 

 

 

 

本気の人生会議でCOVID19に向き合う 

東京都下や都市圏ではロックダウンに近づいている気配が感じられます。そして、医療介護従事者の現場の皆様、本当にありがとうございます。

 

エンディングノートを書いたり、セミナーに参加し真剣に自らの命の終い方を考えておられた皆様にお伝えしたいことがあります。

COVID19で命を終えるのは

逝く側も残される側も一番の悲しみを追う。

懸命に考えたエンディングノートの通りにはなりません。

叶うのは財産贈与くらい、他は悔いと悲しみを残すばかりです。

 

不要不急な用事以外は自宅で、手洗い・うがい・適度な運動と睡眠を心がけ、COVID19に感染しないよう、大切な人と一定の距離を開けて対話し笑顔で過ごしていただきたいと思います。

 

といいながら、最悪を一度は想定しましょう。COVID19に罹患してしまった場合、全く異なる思いや決断を迫られる事になりそうです。考えたくないと目を背けず、今こそ、「どうする」を話し合いましょう。

 

COVID19「罹患したら」のイメージ 志村けんさんのご逝去から 

COVID19に感染したら?最悪のパターンは命を落としてしまうこと。

まず、検査で陽性となったら…。指定機関病院へ移送され、そのまま帰ることができません。検査さえも覚悟の一つになるのかもしれません。

 

志村けんさんのご逝去のニュース。

国民全員がCOVID19への思いが変わる出来事だったかもしれません。それは、自分にもすぐに襲いかかってくる可能性のある事態です。

 

志村けんさんは

病院でお一人でお亡くなりになり…感染リスクがあるためそのまま火葬され、遺骨となってご遺族のもとに帰られました。

これは、思い通りの葬儀と同じでしょうか?

 

<COVID19で人工呼吸器をつけるという意味>

COVID19で重症化すると、人工呼吸器、そして、ECMOと呼ばれる体外人工心肺による呼吸管理となります。それは、もう自らの肺で呼吸できないほどの病状になったことを意味します。つまり、その状態は装置がないと死に直結します。

 

<COVID19は急性期疾患なので可能な限り救います>

エンディングノートで「人工呼吸器を装着はいらない」と書いている方。

COVID19で重症化した状態。初期は症状は重くないので意識もあります。感染症の専門医の先生の言葉によると数日間のうちにみるみる悪化してしまうという表現がありました。

入院から病院にて隔離された後、悪くなる方はみるみるうちに肺が侵され、普通に会話ができなくなり、呼吸ができない状態となる、人工呼吸器の装着、あるいはECMOを借りて呼吸をする事になるのです。

 

COVID19は、急性の感染症で緊急に救う必要性があるもの。救う努力を止めません。

医療従事者は「救う」ために、治療を行うでしょう。この時、家族には確認のお知らせが来るかもしれませんが、基本は救う医療を行います。苦しい時は苦しみをとります。ご本人とは、普通に会話や意思確認はこの状態の時はかなり難しい状態でしょう。重症では会話さえままならない、本人の意思は確認できない状況も想定されます。

それでも回復の見込みがなかったら…

大切な方たちに会うこともなくそのまま息を引き取り、遺骨となり家族と対面するなどということが現実に起きてしまう。それも数日の間に。

姿形を拝むことなく、遺骨として箱の中に収められた状態でのご帰宅。それを想像してください。自分も家族も無念の一言です。

 

医療崩壊は人工呼吸器の装着や取り外しの決断を迫られる

そして今、人工呼吸器やECMOの需給問題が出てきています。これらの装置は特別なもので数に限りがあります。治療者が供給できる量を超えた患者が来院すれば、必要な人へ機器の装着ができない自体が起こりえます。

人工呼吸器が不足してしまうと、新しく来院する方のために、治療中でも意思決定に基づく家族と話し合い、医学的な判断のなかで、人工呼吸器を取り外すという状態に対応する可能性がおこります。

あなたの大切な人、そして自分がこの状態になったらどうしますか?

ぜひ皆さんゆっくり時間があるのですから、今こそ、大事なことを話したり伝えたりして過ごす時間にしてください。

また、COVID19に罹患し軽症な場合、自宅待機になることも想定し、家族間でどのように対応するか、自宅療養の方法、連絡先の方法、ケアの方法を考えてみてください。

 

<医療資源を配分しなければならない事態も>
生命・医療倫理研究会という臨床倫理を学ぶ有志の先生方は、今後起こる可能性のある、「爆発的な感染により人工呼吸器などの装置不足により呼吸器の取り外しを余儀無くされる可能性」を想定し、医療従事者の行うべきプロセスの提言をサイトにて公表しています。

square.umin.ac.jp

COVID19の感染爆発時における人工呼吸器の配分を判断するプロセスについての提言
(あくまでも提言であり、行うべきプロセスを示しています)

有志研究会の先生方ですが、これらの先生方は、倫理的なジレンマに応じる医療従事者の決定において重要な要素を理解している方達です。

 

しかし、どうでしょう。

 

この意思決定の難しさ苦しさ。

 

それでも医療従事者は、この決断に向き合い、資源を有効に使うために、命の終わりに近いか否かを医学的に判断し、トリアージを行い、命を救える方に優先的に治療を行います。

 

それを支えるのはご本人の意思の強さ硬さ、受け取った人たちの意思の固さと支えあいです。想像がつかない苦渋の決断になることは間違いありません。

だからこそじっくり考え、生きるためにやれる事を今しっかりとやっていきたいですね。毎日を幸せでいい時間だったと思えるように。

 

そして、医療崩壊を起こさせない、こんな苦渋の決断を医療従事者、本人、家族が負わないようにと、心から願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

暮らしに彩りを? コロナで家にいてゆるく鍛える

小中高の学校が休校になったことから

社会的な行動制限も含め本格化して2週間…。

 

仕事:

私はSOHOスタイルなので業務はどこでも問題なくできる状態になっています。既に自分のデスク周りはいつでも働ける感じになので問題なく過ごしています。

 

一番懸念したことは、運動量の減少。

1日8000歩は歩きたい(これもフレイル対策レベルなので決して運動をしているレベルではない)。そのためには工夫が必要です。

2020年は、スポーツクラブに通って自分に喝を入れ用としていた矢先でした。

今回スポーツクラブからの感染が次々報道され、

現実、子供たちは家に引き篭もった毎日を送っています。

私自身も8000歩の確保がむずかしい・・・。

どう言うわけか、苦痛もなくにこやかに健やかに。

 

この状況…。

これを逆手に取るには…。

と言うことで、スポーツクラブにいくことを諦めた私はこんなものを手に入れました。

 

これ。

 

結構思い切りました。

1年頑張れば、まあ、ジムの月額利用料よりは安いでしょう?

ちょうどやってきて1週間が経ちましたが、

テレビ時間としてニュースを見たりする時には必ずブルブルと揺らされています。

 

そして、毎日どこかしら筋肉痛 と言う毎日です。

 

 

 

 

うがいは15秒以上で

新型コロナウイルスについての報告ではありませんが、うがいをどのようにするか、ということも大事です。

 

こちらは、コロナウイルスでもSARSコロナウイルスについてですが、

15秒のうがいが「目安」と言えるエビデンスです。

もちろん、ウイルスの違いがあるため、この秒数が適切かどうかは確証できません。

 

link.springer.com

 

15秒ほど咽頭にうがい液が触れていることが重要と思われます。

あくまでも目安です。

 

15秒うがい液に触れている、つまり「ガラガラ・・・」を続けるのは結構な時間です。何回かに分けて、すぐまたうがいを再開するといいかもしれません。

 

 

外出から戻ったら・・・・。

1)マスクを捨てる(本来なら玄関が望ましい・・・)

2)そのまま洗面所で手洗い

3)うがい

4)触れた場所をアルコール消毒する

5)最後にまた手をアルコール消毒する

 

です。

さらに、これを続けると、「手の油分」が相当抜けてしまいます。

できればハンドクリームまでつけて、油分を補ってあげてください。

皮膚の防御機能には「油分」も必要です。

アカギレを起こしてしまっては、バリアの欠壊と一緒。

洗いすぎにも気をつけてみましょう。

 

ハンドクリームはなんでもいいと思います。

こちらは全ての動作が終わった後に。

必ず手を洗ってから使うように。

 

あと、こんなものも出ているようですが、「謎」と思いつつ、マスクが手に入らない昨今、花粉症対策として気休め程度に行っています。

 

[http://:title]

 

セルフレジ初体験(スーパー編)

peer-edogawa.peatix.com

 

GUではセルフレジを体験済みですが

スーパーマーケットでのセルフレジは初めての体験でした。

 

まだ戸惑う方が多いせいか、人がアシスタントととしてすぐにヘルプにやってくるレベルでしたが、これが導入されるとどんどん人が減るんだなあ。。。と思いました。

今日のパターンとしては

ルフレジが3台綺麗に横並びしていて、そこに一人スタッフがついて、もたついたり質問あるお客さんへの対応をしていました。

やり方さえわかれば問題はなさそう。

 

今回はこちらのタイプに似ていました。

寺田精工さんのものですね。

www.youtube.com

右にはレジ袋をかけるバーがあり、バーコードを読み取ったらレジ袋の中に商品をそのまま入れられるくらい袋口が広がっています。さらに外側には自分で持参するエコ袋をかける場所がありました。

これは便利ですね。

 

今年になって各スーパーでレジ袋が有料化する方向で動いています。

レジ袋をどうしようかな、と考えていますが、やはり出掛け時に持ち歩けるというよりは、ついでに買い物をするとなると、自転車カゴにフィットするものが一番便利かな、と思い始めています。

客先に持っていく荷物の中にエコバックを常時持ち歩くことがちょっと面倒だし重たくなるし嵩張るしいやなのですよね。

自転車カゴに装着できるなら出掛け先に無理に持っていく必要はない・・・。

 

ということで、自転車カゴにセットできるエコバック

レジカゴ対応!お買いものバッグ 巾着式でピッタリ閉じられる レジカゴ、自転車のカゴにもピッタリ エコなバック

とか。いろいろあるので選んでみようと思います。

 

#エコバック #セルフレ

 

 

新型コロナウイルス対策も「手洗いうがい」

 

コロナウイルスの件。

潜伏期間が7日と言うことなので、時間の問題とも思われます。

個々で出来ることはとても単純。インフルエンザ対策と変わらないので再度。

 

「手洗いうがい」

「十分な睡眠」

「体を冷やさない」

「バランス良い食事」

「混雑下でのマスク(あまり効果は薄いもののないよりは良い)」

加えて言うなら、「具合悪ければ自宅勤務(PC&就業規則があれば)」

特に糖尿病、腎臓病などの基礎疾患を有する方は上記を徹底するといいと思われます。

 

「手洗い」「うがい」に加えて今回の問題も踏まえ、

「蛇口」「ドアノブ」「スマホ」「PC」を清潔にすることも要チェック!

 

 

手洗い。

以前にもブログであげたことがありますが、誰でもわかって一番よくできている動画は

「しまじろう」!

 

www.youtube.com 

おねがいのポーズ

亀さんのポーズ

おやまのポーズ

おおかみがおっとっとのポーズ

バイクのポーズ

つかまえた!のポーズ

うがいもしっかりしていますね。

こちらに加えて「殺菌消毒液」まで最後に行ったらほぼ完璧。

盲点は

「蛇口」

洗った手でまた蛇口を掴むとせっかく洗った手洗いが無駄。

拭き終えたペーパータオルで蛇口を掴むといいですね。

そして、

スマホ」「PC」「カバンの持ち手」

こちら、実は相当汚れてます。こちらも少しケアを。

 

 

自分が予防し、かつ、拡大の宿主とならないこと

 

水際ができないパターンと思われますし、今回は少し発見スピードが早い。

医療機関の皆様。ご苦労様です。

インフェクションコントロールのご担当の先生方。ご苦労様です。

 

論文にて症状が記載されているオンラインジャーナルも出ています。

 

 NEJM

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2001017

 

The Lancet

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30183-5/fulltext

 

国立感染症研究所

コロナウイルスとは

手洗い動画(東京都)

tokyodouga.jp