医療・介護の鍵diary

健育社代表がガツガツほのぼの医療介護を語るページ

2018-03-01から1ヶ月間の記事一覧

人生の最終段階における医療の普及・啓発在り方検討会 アンケート結果その1

人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方検討会が終了しました。 最終の報告書が31日までには出されるものと思われます。 5年ごとに行われていた意識調査についての報告もなされました。 ●調査結果 サマリーその1 平成29年12月5日~29日に郵送によ…

人生の最終段階の医療・ケアについて患者さんに問う人は

2018年の診療報酬改定において 人生最終段階の医療・ケアの意思決定に関するガイドライン に沿った患者さん対応が明記されています。 医療機関に問われてしまう前に 考える土壌や意識があるかどうか。 本日は、一般社団法人ハッピーエンディング協会 の ハッ…

オンライン診療でわかった本末転倒なこと

オンライン診療は「診療報酬」の中では思いのほか縮小されてしまいましたが 逆に言えば自由診療の世界ではかなり幅広い方策がありそうです。 先日、あるオンライン診療用アプリ開発企業様の説明会に参加させていただき、 患者さんからの感想が話されました。…

人生最終段階の医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン 改定 

5年前に開催したこの講座。 人生最終段階の医療の決定プロセスに関するガイドライン に基づき、「意思」を伝える重要性を伝えるために開催したものでした。 この時、ゲストスピーカーとして、金子稚子さんにご登壇いただきました。 流通ジャーナリストの金子…

オンライン診療ガイドラインの最初のハードル「オンライン環境」

オンライン診療の適切な実施に関する指針 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000197016.pdf が出されました。 4月からの実施ですが、今はまだ(案)です。 当方、株)健育社では、オンラインMR、すなわち、オンライン…

健康食品(サプリメント等)の情報も科学的に取る!

先日、あまりにも効能・効果が謳われている「第3類医薬品」のお話をしました。 一般用の医薬品(つまりは、ドラッグストアで処方せんなしに買えるもの) には起こりうる副作用の被害度合いで第1類~第3類に分かれます。 <第1類医薬品>(特にリスクが高いも…

オンライン診療から突如としてオンライン服薬指導が?

2018年4月の診療報酬改定より条件を満たす範囲でオンライン診療が 可能となりました。 CURON curon(クロン) YaDOC オンライン診療システム YaDoc Pocket Doctor スマホで診療・健康相談 ポケットドクター(ポケドク) MEDLEY CLINICS | 株式会社メドレー な…

ゆらぎ世代は騙されないこと 「効く!」と書いてあるサプリメントほど要注意

知人があるサプリメントを薦められて飲んでいるのだけどどうなんだろう? という話がありました。 その名は●●●。 聴きなれない名前。 でまるでその効能を有するような表現やサイトの内容に驚くばかりです。 虚弱体質から 一般創傷 アレルギー疾患 急性化膿性…

左利きはテストに便利

左利きの話題。 右手を使えるように無理強いされて育ったり、 自ら右手に変えてみようとして右が使えるようになった場合の利点があった。 …それは、文字を右手に修正した人の技。 筆記testの時にとても便利なのです。 右手に鉛筆 左手に消しゴム 両手でそれ…