医療・介護の鍵diary

健育社代表がガツガツほのぼの医療介護を語るページ

TOBIRAカードを作った自分を振り返る ①

TOBIRAカードを最初作った目的について、自分を振り返る機会をいただきました。

当時から医療・介護の意志決定支援、アドバンスケアプランニングACPの啓蒙を掲げ、

終活のフィールドから関心ある「一般の方」向けに行ってきました。

 

*********** 

突然、命にかかわる病気を目の前にして、ショックを隠せない。

藁をもつかみたい、医療の方たちに「何とか助けて欲しい」

という気持ち。

 

「大丈夫だよ」と本当は言って欲しい。

 

という心細い中…。

なのに。

 

残酷にも

医療で「人生の最終段階」の意思を求められる 

 

 

この流れはいよいよ加速度的になってきた。

なぜなら「診療報酬」に絡んできたから。

 そうなるだろうと思っていたがあまりにも突然だったし、

医療従事者さん達、特に急性期病院の「命を救う側」が

我も我もと学び始めた。

 

世の中お金だね。

 

と思う瞬間だった。非常に残念でもある。

 

でも、1つ考えて欲しい。

必要であることは私自身理解しているし、だからこそ、経営上赤字分野であるけれど取り組んでいる。

 

ただ・・・それは患者志向ですか? 

 

急性期医療で、決まった入院期間から退院するときにそのタイミングで行う事って

どうなの?

ようやく回復して、退院して行くとき、がんばればなんとかなる

と思いたいときに。

どうなの?

逆にそれを言われたら。

どうなの?

 

医療側からでは、三行半になってしまう。

 

 

だから、どうするかもっと前から、元気な時に少しでも関心を持って考えてみて。

医療は今どんな状態かを知ってみて。自分のこととして少し考えてみて。

 

という事をお伝えしていくと、

 

いかに、息を引き取るまで「生きる」のか、を見つめてみましょう。

やりきる、いききる

 

ということになります。

 

結果的にはその人がその人らしく生き続けられるかに依存するのです。

 

すると、「その人らしさ」は、何?

 

医療・介護の専門家に聞いたって出てくるはずはない。

 

その人じゃないから(笑)。

 

でも、命を終わろうとするとき、接点が極大化するのは医療・介護の人たちばかり。

つまり、自分のことをどう伝えるかによるのです。

 

…がしかし。

自分の事を伝えられているか、もう、話すのもどうも面倒だし、知っててよー、

なんて思ってしまう高齢者の方は多かったように思います。

でもね。

 

無理。

 

ほんと、無理。

驚くばかり時空の出来事を捉える場所が違うのです。人・年齢・経験・環境によって。

 

 

 

ー医療や介護は「本人が軸になり」「周りの人たちとともに」暮らす生活を

専門的に「生活の中で」サポートする

 

ということになります。

その時に知っていると良い事が このカードの

「なげかけ」

に詰まっているのです。

 

すると、この投げかけにより起こる様々な副次的な効果が沢山でてきました。

(次は副次的効果…)

tobira.shop

 

 

 

 

IT環境いろいろ

グローバル企業に訪問すると

最新のIT技術を使ったシステムに沢山出会う。

 

出入り口から始まり、会議室の予約システム、

会議室には必ずモニターが設置され、テレカン、ビデカンがすぐできる状態。

Wifi 環境が整い、HDMIがつながればPC一台、あるいはタブレット端末のみでも

大丈夫な世界

(まだそれだけでは怖いのでそれができていないが)。

 

しかし、かたや一歩外に出るとまだまだしばらく使うぞ!という

VGA端末からのプロジェクターなどなど。

 

様々な環境があり、生活があるものだ。

両方行き来しているからわかること。

この開きがいよいよ大きくなるな…。

f:id:kunieikuken:20181106110558j:plain

SanFrancisco

心を動かすOJT(On the Job Training)とは 経験談

最近は、e-learningだのもろもろの技術によって学べる環境になっていますが

「ある」「与える」

状態は、もうお腹いっぱい。

そこへ向かう行動を呼ぶ「心を動かす」ことが必要な時代。

 

20代の頃、OJTで学んだ時を思い出すと

実技(ビジネス文書や医療特有?の礼節など)はMさん

コンサルティングの「箱」、要点整理のプロセスやロジック押しとスピードはSさん

文章の組み立てや研修資料の制作に身体を張って助けていただいたNさん

などなど

沢山OJTの学びで浮かんできますが、もう一人心に残る教えをしてくださった方として

「なぜ」

を投げかけてくださったHさん。

 

ハンセン氏病はもう解決されている感染症なのに、今でもハンセン病の療養施設が残っているのを知っているか?それはなぜかわかるか?」

「なぜお菓子屋さんが抗生物質売るようになったか知ってるか?」

「●●先生がなぜこの道を選んで今こんな研究に至っているかわかるか?」

 

という言葉を投げかけてくださり

そりゃすぐにわからないので、

「わかりません…が●●だからですか?」

などとした対話の後に、

「それはね、・・・・」

と私のペースを掴んでから話してくださいました。

 

内容は「歴史」や「背景」

 

が多かったように思います。

 

仕事で「なんでこんなことやらなきゃなんないの?」

という事であっても、こうした背景を知ることで手前の仕事がその中のどこに位置し、何を生み出し、何に影響を与えていくかが見えてきます。

 

(おこがましいな)

 

というよりも、自分の中で腑に落とせる、納得できる、と言えばもっと正しい表現でしょうか。

 

40代、50代の管理職や経営者は、実務ももちろん必要なのですが

今はそれこそGoogle先生に負けてしまいます。

この「歴史」や「背景」を生の現場の声で伝える事が一番大事な職務なのではないかと思います。

それも、「なぜ」

という言葉を相手に投げかけたりしながら。

一定の時間を置いて。

 

(一方的は、ウザがられる)

(毎日もウザがられる)

 

今、どのくらいいるのかな…。

この言葉がかけられる人は。

 

だから、、、環境は整っても、

「人」は大事。

「言葉」は大事。

「対話」は大事。

沢山の方の教えに改めて感謝。

トマ・ピケティの「21世紀の資本」は私に手に入ったら台の代わり(笑)

注)文と写真とは関係ありません…

 

健康経営って?「社員の退職後」を支援できること?…仕事で出会う医療機関トップ層の声から

この数年間で連続してシリーズもので医療機関経営層にインタビューを行う仕事の機会をいただいています。その中でいくつかの「深い」言葉を1つ。

 

■健康への取り組み…身体的なことは「退職後」

民間企業の福利厚生の一環として企業社員の健診もろもろを受け入れている医療機関でのお話。

健康保険組合を通じ、社員の健康(健康診断などの身体的な事やメンタルケア)をしっかりと企画し実践している様子は過去から知っていた。先進的な取り組みも含めたまさに一歩先にいく企業が経営に入る医療機関でした。

私が、社員に還元していることを賞賛したところ…。

「現役社員のほとんどはメンタルケア中心で十分」

「むしろコストの無駄にも値する可能性さえ」

「必要なのは退職後」

という返答が。バッサリと出てきた。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/kiso26_teisei_3.pdf

H26年度 年齢階級別1人あたりの医療費

 

はい。その通りです。

75歳以上からうなぎのぼりに医療費。

当然と言えば当然。

 

では、企業が社員に対する健康管理について何をすればいいのでしょうね…。

今、健康経営が盛んに取り上げられ、大企業500社が認定され、中小企業10000社へすそ野が広がりつつあります。

ちょっと今この「ずれ」を「ずれていないような未来づくり」

として、企業が何を提供すればいいのか。

そもそも、会社が考える・提供するものではない、という考えもありますが、今の医療制度を見ると、保険料を大きく賄っているのは健康保険組合なので、そうも言ってられない…。

 

健康の定義を考えてみると…。

(当方の講座 医療に効くエンディングノート2018より)

f:id:kunieikuken:20181101085855p:plain

1人1人が考えていく機運が高まりつつあり、嬉しいですが、それが良い流れの一歩と思いつつ、変なところに進んで欲しくないとも思っています…。

 

ちょっとまとまりつきませんが次のとおり。

 

●企業の健康経営・過度な健診はどうなんだろうか?

●企業が健康経営を考えるときに何をすればいいのか。

●健康の定義を見直し、企業ができること、個人ができること

個人へ提供・還元すること、社会へ提供・還元すること

を考え続け、実践し続けること

に集約されるのではと思っています。

 

医薬品副作用被害救済制度の特設サイト

新たに更新されたということで掲載します。

日本では厚生労働省が承認し、適切に使用された医薬品において副作用が認められた時、副作用による障害などに対して救済される制度があります。

保険外や勝手な利用ではない場合に適用されます。

 

「医薬品副作用被害救済制度」(特設サイト)はこちら

 

医薬品副作用被害救済制度

「医療関係者の皆様へ」はこちら
https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general04.html

 

動画のほうが楽にわかって好きな人は ↓ 

CM動画 - 医薬品副作用被害救済制度

 

 

薬と健康の週間 一般向け公開シンポジウム10月21日(250名)@Tokyo

消費生活アドバイザー #薬剤師 としての…お知らせ・投稿です。

「くすりの適正使用協議会」(RAD-AR):

「くすりのしおり」として、各製薬企業は定型フォームに患者さん向けの情報提供を行っています。ほとんどの企業がこちらの事業に賛同し、新薬の準備からこのフォーマットが用意され、添付文書が変わる度に記載事項の修正が必要な場合には修正がなされます。

現在は検索サイトが便利となり、飲んでいる薬の情報を知ることができます。

https://www.rad-ar.or.jp/use/basis/index.html

こちらは、薬の使い方、基礎中の基礎、妊婦さんや高齢者の方へのお薬についてなどが記されています。便利なので是非読んでみてください。

また、教育用の資料も豊富です。子ども達の学びの情報も満載。

RAD―ARとPMDA

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

も何かと医薬品や医療機器に関わる情報をまず取りたいなら是非ここからスタートして欲しいページ。

一般の方向けもありますが、少し堅めなので

難易度高くても調べてしまおう、と思う方は是非こちらも。

そして、サイトだけに頼らずにあなたの「かかりつけ薬剤師」さんにこそ是非

お問い合わせを!リアルなあなたの体調を知って助言してくださいますし

何かあったら、いつでも聞けるのは安心ですよね。

*****************************
第1回 一般向け公開シンポジウム 開催のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━
■ くすりの適正使用協議会(RAD-AR)とPMDAは、「薬と健康の週間」 にあわせ、一般の方を対象とした参加型の公開シンポジウムを開催します。

第1回 一般向け公開シンポジウム
知っておきたい「くすり」の話 -すぐに役立つお得な情報- 開催のご案内

https://www.pmda.go.jp/safety/symposia/0011.html

 開催日時 : 2018年10月21日(日) 14:00から16:00まで
 会場    : 野村コンファレンスプラザ日本橋
         (参加登録不要・入場無料)

■ 本シンポジウムでは、クイズや実際に患者さんやご家族が困っている事例から、薬について一緒に考え、明日からすぐに役立つ薬の情報について、専門家がわかりやすく説明します。

プログラム:
 (1)クイズで覚えよう!今日からできる「くすり」のあれこれ
     ・ くすりの飲み方
     ・ くすりの飲み忘れ  等
 (2)「くすり」で困ったこと・その解決方法
     ・ 副作用と副作用発現率
     ・ 正しい情報の入手と取扱い

・シンポジウム・ワークショップ(安全対策業務)
 https://www.pmda.go.jp/safety/symposia/0001.html
ニュースリリース
 https://www.pmda.go.jp/about-pmda/news-release/0006.html

電気に頼りすぎ…(非常用セット確認!)

仕方ないのかもしれないけれど、

電気に頼りすぎというのもどうだろうと思っていたが。

いざという時の事をもう一度引き締めて考える9月となりました。

 

<<<携帯・常備・確認しておきたいもの>>> 

●水分⇒これはある程度常時確保済み、

Amazon定期便さんの欠品がない限り大丈夫…。

あとはダイオーズサービスのお水ですが…。(これもサーバーは電気だけど…どうなのかな。保温・保冷を使わなければそのまま使えるのだろうか。次に聴いてみよう。)

●充電関連器具⇒

311の際にソーラー充電システムを用意していたのですが、どうも接続部のコードを1つ不要と思って処分してしまった可能性が。試したが充電ができない。

トホホということでまたアマゾンで物色中ですが…今欠品続きなので暫く様子を見て年内に買おう。自家発電がマンションにあったかどうかも聞いてみよう…。

●お金⇒

子ども達の学校が離れているため、御守りの様に「使わない500円玉」を入れておくように言っていたのだが…。

全くだめですね。最近はどんどん使ってしまっている様子。

 500円あればとりあえずの水分、1食くらいのおにぎりが手に入るという算段。

●被災位置毎の今後の集合場所

とにかく、住まいの両脇にある「河川」。橋に交通が集中するため

被災先によって安全地帯が変更となる…。

今のところ「学校」が一番と判断しています。1週間は子ども達に合えない可能性も想定しているが、ようやく高校生となり、その判断についてもある程度は任せられるので

小学校、中学校時代と比べて不安の高さは削減されましたね。自力で、という話はしていることと、無理に自宅へ向かう前に情報をつかむこと、と話しています。

 

※この先そろえて置こうとおもったもの。

1)ヘッドライト:両手が使えて便利。往年の「川口隊長」しかイメージはないが、登山にもあっていいようなので入手しよう。

2)ろうそく、マッチ

3)懐中電灯の再検討(ランタンとかも子供におもちゃの様に使われ破壊されてしまった…)どうやらバックパッカーの様相も見られるので本格的なものを1つ用意するのもあり。

4)軍手:買い足し

5)非常食:これも減少あるいは賞味期限切れ多発につき、買い足し

 

・・・と大丈夫と思っていたのは思い過ごしな感じでした。

断捨離とともに入れ替え・買い足しを年内に実施します。

このくらいのピカチュウが集まれば電気は十分かも。