医療・介護の鍵diary

健育社代表がガツガツほのぼの医療介護を語るページ

問い合わせたのに、どやされる 

言葉が通じないことは日本語でもあります。

だから、出来る限り優しい言葉で使うことが大事ですし、言い換えてみる。

…ということを当方が提供している研修の先生は口を酸っぱく言います。

 

私も同感です。なぜなら、その立場によって同じものを見ていても全く理解の方法や

視点、状態がわからないから。

そして、そして、何よりも伝わったかどうかが大事だと。

「あなたそんなこと知らないんだ」

 

************************

問い合わせ対応での出来事。

「問う側」というものは基本的にサービスに対して

 

どうしてもわからない

どういうことになっているのか説明してほしい

 

という状態です。そもそも、「うまくいってない」わけです。

つまり、気分はマイナスからのスタートです。

 

それに対しての回答において、

ーこちらは悪くない、

ーこちらはこうしてきた

ーあなたはよくわかってないようです

ーあなたは理解できていないようです

 

という事を言われて少しかちんときました。

問い合わせしてください、といわれ

その方自身が電話をくださいとのことだったので電話したのに

 

ー今忙しい中で話して今の状態だけれど理解していただけていない

ー私の時間を取られてちょっと困っている

 

とも。

しかも、

 

ー本件は無料でやっている

 

と言う。(はっきり言えばこちらには関係ないことであるし、もしここからの問い合わせについては1時間●円になりますがよろしいですか?という言葉があるなら

支払うこともやったのだろう…。)

で、更に、

ーあなたは支払うはずのものを「モグリ」(無料)で今まで使っていた

↑これは、そんなことを言われる筋合いはない。

(支払金額まで言われていなければ支払は別に済ませているので。

それもこの範囲であれば無償で可能と言われたはず…(記憶が正しければ)

 

おそらくはその人は

「なんでこんなことに私が時間を取られなきゃならないの?」

という姿勢ではないかと考えました。

こちらも不本意です。

なぜなら使いたい事をあちこちに人に聞いてもまだ不具合が

生じているのですから。

 

ということで、前向きに解決するために

 

「無償で私のような理解のできない人に対応するのは大変でしょうし

お願いごとが複雑なので、本社の人に直接確認します」

 

とすることとしました。

 

問い合わせといいうのは

 現状把握(状態)

 改善策の提示

 改善したかどうかの確認

 次回追ってフォロー

 

です。

 

と、なんだかもやもやしたまま解決もできずに今に至るのでした。

理解していることを粛々とこなそう。

 

 

 

食べて応援 四国、中国地方

水害の被害を受けた皆さまお見舞い申し上げます。

そして、被災地に行かれているDMAT モバイルファーマシーの皆様

お疲れ様です。

 

東京のあるレストランにて、食事をしました。

そこで出てきた高知のフルーツトマト。

「被災地で大変だろうなと思ってメニューを変えようと思ったのですが

逆に電話が入り、どんどん注文してほしい」

と言われたとのお話しでした。

確かに。

f:id:kunieikuken:20180712090958j:plain

こちら高知の沈下橋。水かさが増した時には沈んでいただくスタイルの橋。

歩くと結構怖い…。

車よけがあるものの、よけられそうにない(笑)。

Twitterでは沈下橋の沈下が今回の集中豪雨では見られたとのこと。

高知ではネットの肝でもある電波の問題でつながらい事態が起きたようです。

災害が起きて欲しくないとはいえ、様々なインフラが断絶された時の

もろさを次に活かしつつ、備えていきたいです。

そして、まだ行方不明の方も多々いらっしゃるとのこと。

どうか、発見されますよう…。

 

******************

高知の野菜や果物が大好きなので検索して掲載です。

被災を逃れた四国・中国地方の地域では経済活動はしっかり行っている場所ばかりなはずです。

お見舞いを「食べて応援」するということは十分にありです。

速くインフラが整ってほしいです。その後は、食べて応援。

 

#食べて応援 #西日本 #台風7号水害

buntan.com

大志を持つ

ここ最近、組織のリーダーの方に出会っております。

その先生たちの共通点

 

●視野が広い

●小さなことにこだわらない

●ポジティブである

●抑える場所をしっかり抑えている

(脇が甘くない)

 

なんてことを感じる。

そして、一部は、世を憂いている。

 

どんどん世界に発信できる日本のリーダーの方たちに

追いついていけるように意識高い系でいたいところです。

 

 こちら、Univ of Calfornia Barkley校のノーベル賞受賞者専用の駐車場

f:id:kunieikuken:20180707000425j:plain

 

校閲依頼…

仕事で校閲の依頼を行う時のドギマギ感。

 

●お話を伺った顧客の物語をしっかり抜き出せているのか

●意図するメッセージが真髄をつく文字として載っているか

(表現の差、温度差、心に響いた場所が違うと大変なことになる)

そして…

 

皆が HAPPYか

 

真っ赤 な修正で返ってきたときの残念感は慣れているけれど

愛の鞭と思いたいけれど

結構落ち込みます…。はい。

 

どうか、無事に良いものとして世に出ますように。

f:id:kunieikuken:20180705092429j:plain

オンライン診療はジックリ育てる? 30代の意見とアーリーアダプター次第

実は…このブログ原稿はずっと「お蔵入り」していました。

3月のオンライン診療の内容が固まってきたときでした。せっかくなので修正しましたが、ほぼ新規に書き直しているくらいの状態に(笑)。

 

オンライン診療を期待していた業界側の一部にとっては、がっかりする診療報酬改定内容でした。

そこから、3か月になろうとしており…実はじわじわと別の場での必要性などが

議論されてきたりと、今年は診療報酬をきっかけに、重いトビラが少し開いてきた感じです。

(…が、体力が要ります)

 

*********************

率直な感想…

オンライン診療アプリを展開なさっている株)インテグリティ・ヘルスケア 主催の

オンライン診療の「実際」と「これから」を語りつくす特別セミナー

に、3月に参加させていただきました。

主催者 が販売されているオンライン診療アプリ 「YaDOC」はこちら。

 

www.yadoc.jp

 

ビジネスフィールドではZoomの使い勝手の良さ(映像ほか、録音録画、データを画面化)で浸透してきていますし、あっという間にその他様々なサービスは拡大しています。

その時、「別にZoomの機能をもらえばいいのに…」と思ったりしたのが私の率直な感想です。UI,UXなどはそれはその道のプロに任せた方がいいのではという考え。

(すみません)

問題はガイドライン準拠

診療報酬・電カルとの関連性

という、特別な問題の箇所だったのではないかと思います。

 

●導入に向けての課題

1)「やること」「用意すること」の克服

⇒こちら、医療機関のように、日々の診療と並行しながら導入するにはそれなりの時間と体力(事業体としての)が必要です。当たり前ですが、ゆっくり時間を割くにはそれなりの覚悟が必要です。

 

2)「慣れ」の問題

医療機関での診療の流れを誰がどう変えていくのか

紙での書類のやりとり、FAXでのやりとり、この文化を変えるには

使う側の意識変革が非常に重要です。道具の入れ替えの意識を高めたいですね。

そのためには、「アーリーアダプター」となる

20代、30代の意見を吸い上げ、改善を継続できる医療機関が先んじると思います。

(どれほどあるのでしょう…)

 

3)「患者さん側の操作性、通信問題」

実はここが一番の問題かもしれません。

受診者の多くは高齢者でありデジタルネイティブではありません。

でも、医療従事者ほか関連者が操作できれば良いという環境ならば、すぐ作れるのではないでしょうか。

 

そして…もっともっと上記の裏側の課題の大本営 

営利企業ではおこりえない「国民皆保険

社会保障制度の1つという視点があり、そこをどうしても越えられない。

⇒技術革新や変化に追いつけない

エビデンスはどうなんだ、うんぬん

⇒遅れる

 

営利企業であれば、生き残るために変革を続けなければなりません。

しかし、上記の事態があるために後手になってしまうという事態。

 

*********************

<利点>

1.待ち時間

2.誰でもどこでも

3.アドヒアランス

 

********************* 

 

これを満たすための診療報酬導入については、

●ソフト面(運用)の課題

●事例ごとに対応・相談しながら解決策を見出せるような風土

 

こうした風通しよい組織を創り出すことにチャレンジしている医療機関様の声を少しでも吸い上げていきたいと思います。

 

 

 

医療資源が限られる中、効率よく進められるところは進める

柔軟性ある制度の仕組みがこの先の10年、20年の社会の変化に求められます。

変化に対応できる医療・介護の仕組みはデバイスだけではなく人にも求められますね。

 

変化に敏感で、活躍の力みなぎる30代の声が私は最大のヒントなのではないかと

思っています。

 

男性の「社会」に対する思考停止について ダイバーシティの障壁

ずっと貯めてきたこと、かつ、悶々としていた事です。

ある男性との話です。

 

介護経験があるとのことで伺ってみると、

ー時間を切り盛りして

社会福祉サービスを沢山活用して

ー預けられる場所を探し、あちこち預けて、退院したらまた次を考えて

仕事に支障がないように過ごしてきた。

例えば、出社を1時間遅らせて…。など。

とのことでした。

また、 

●介護休暇とか取得するなとどいう甘い気持ちでは企業は務まらない、

●そういう気概を持てなければ両立なんてできるものではない。

 

というお考えでした。

そこで、聞いてみました。

 

「では、あなたがそうなった時はあちこち預けられて、

あちこちに世話になって過ごすおつもりなのですか。」

 

と。

 

すると

「だから健康を一番に気を付けている」

と。

 

……。

 

健康に気を使っても、人は老いて、何かとできなくなっていき、

人の手を借りたり、助けていただいたりしながら生きていく…のに。

健康寿命「日常生活に支障なく生活できる状態」は72~74歳。その後は

皆、なんらかの手助けを得ながら暮らしています。

健康な生活送れる「健康寿命」は男性72・14歳、女性74・79歳 厚労省公表 男性トップは山梨、女性は愛知 - 産経ニュース

 

介護した経験があるのに、自分がそうなっていくことを考えない

ということってどういうことなんだろう。

 

考えないのかな。

考えられないのかな。

考えたくないのかな。

 

考えたところでどうにもならないとでも?

 

自分だったら…という事ってあまり考えるに至らないのかな。

 

「就労」についても思考停止している。

どれだけの人口比率で生産人口が減少するのか、数時間でも働ける社会を

作り上げる必要があるのに、根性だけでは乗り越えられないのに。

 

考えられないのか、変えられないのか。

久しぶりにむかむか、もやもやしました。

f:id:kunieikuken:20180617110305j:plain

今、日本プライマリケア連合学会が三重で行われており…。お伊勢様の写真で。

 

Google for education

子供の高校では Google For Education が導入されているようです。

Google Classroomを使っての課題提出なのだと思います。

Google ドキュメントで作成して提出すればいいんじゃないか?と思ったのですが。

Google の大きな大きな考え方であるクラウド上ですべて完結するような状況ではなかったですね。

ーMS Wordに変換し、かつ縦型の原稿用紙に書式変更し

Google Classroomでの提出の他…「印刷物」としてプリントアウトして提出する

この二つの提出ルートを求めておりました。

 

アナログとデジタル、結局のところ便利になったのやら面倒になったのやら。

やりかたも様々あるでしょうね。

こうした試行錯誤で次々と若い人たちはスイスイとデジタル世代として

泳いでいくのでしょう。

 

(それにしてもGoogleは賢い。若い世代に当たり前な存在としてGoogleの操作をロックインさせてしまうのはすごい戦略だと思う。それもどんどん使ってもらうことで進化も同時進行。)

 

彼らは、「クラウド」は別に私たちのように感覚的に「雲の上」ではなく

生活の中のリアルワールドに存在しているように思います。

なぜなら…既に彼らは夜だってラインでチャットして、仮想空間のゲームの中でいっしょに昼夜関係なく友達に出会いゲームを楽しんでいます。

仲間も「世界中」。

いっしょにゲームする仲間はネットワーク上の誰とでも過ごせるわけです。

この感覚の差は大きいです。はい。

思考の転換・変換は若ければ若いほどスピードが速く思いつくアイデアもきっと斬新なんだろうな…。

年を重ねた人の大きな視点と両方がうまく組み合わさることによって

進化が生まれるのではないかと思うのです。

 

同世代で繋がるというメリット以上に同世代ではない世代が加わることは

面白い。そんな事を感じてしまう私はやっぱりアラフィフですねー。