医療・介護の鍵diary

健育社代表がガツガツほのぼの医療介護を語るページ

安楽死…

ニコニコ生放送で1月14日から15日にかけて、安楽死をテーマとした

ドキュメンタリー及びディスカッションが企画されているようです。

こちらは15日21時からのディスカッション。

sp.live2.nicovideo.jp

ディスカッションのメンバーは下記の4名様のようです。

町亞聖フリーアナウンサー/司会)
立岩真也社会学者)
鈴木裕也(日本尊厳死協会副理事長)
只木誠(刑法学者)

 

テーマが深すぎるだけに

このドキュメンタリーは何を語りかけるのか

視聴してみたいと思います。

 

安楽死というのは今大きく2つに分けられます。

積極的安楽死

→いくつかの指標を持って対象となり、幇助により死を迎える場合

消極的安楽死

→いくつかの指標を持ってその対象となり、積極的な治療や蘇生を行わない

 痛みや苦痛を取ることは行う

 

オランダは国が法律で認めているが、ここ数年では韓国が法制化されたと伺っています。アメリカも州によりその法律が定められているところがあります。

 

こうした世界の流れに対して、日本ではどうなのでしょうか。

かれこれ4年前ほどに、尊厳死法案が提出されましたが、現在もまだその法律は議論させることもなく、流れ流れて今に至ります。

 

賛否は控えますが、この先議論は一層膨らむことでしょう。

 

私の素朴な疑問は

尊厳死協会に入り、カードを持って、病院で提示された場合に

積極的な医療を望まない という希望が現実叶えられた人は登録者中何名

なのでしょう。

 

その人にとっての「尊厳」ある死 の意味するところは明確なのでしょうか。

 

胃もたれするようなネタが多いなあ…。

 

結局はですね

ー死への心配・恐怖から抜けられないから

ー死を良いものと言えない状態と捉えるから

ー苦痛を伴うのだろうと思っているから

 

なのかと思っています。

それを払拭できるものは何だろうと思うのです。

オンライン診療・服薬指導が待った無し

オンライン診療が可能なアプリは既にいくつか医療ITベンチャー企業様により

広がってきていますが、いよいよ大手企業同士が手を組みました。

www.itmedia.co.jp

これにより、オンライン推進が加速していくことになりそうです。

 

医療では様々な障壁があり、なかなかオンラインが進まない現状がありました。

それは、

セキュリティ、電子化よりも紙媒体

別組織間連携の難しさ

各々の病院等で採用されているデータが標準化されていないことが多い

 

というものです。

こちらの解決なくしてなかなか進みそうもなかったのですがいよいよ今年から次々と動き出すことは明白な感じです。

 

サービスを見極めて、進めていきたいところですね。

文章とは話題は異なりますが、こうした大事なデータは物理的破壊をしなければならず。これを目の前で物理的破壊してくれるようなサービスも

欲しいところ。(勝手な意見ですが、これが一番安心なデータ消去)

 

幸福学について

幸福学が軒並み研究で増加傾向にある。

幸福の1番の近道は「身体的健康」であるようだ。

 

でも、それは次第に難しくなり、自己コントロールできることとできないことが

出てくる。

 

その時、「幸福」であること、は精神的・社会的満足ではないかと思っている。

人生の最終段階の医療やケアにおいて

幸福という視点を医療に、ケアに取り入れていくかが大切なのだろうと

心底感じる。

 

今年はある出会いの講座があり、まさに真骨頂として

「人生の最終段階」で、いかに幸せを満たすことができるのか

を考える機会をいただけそうだ。

 

この先の研修登壇の際にも盛り込めそうな経験と知識を得る機会があったことに

感謝したい。

今年最初から、濃厚なスタートとなりました。

まず手前のことをすぐに片付けて、向き合おうと思います。

 

 

落合氏×古市氏の対談 :その後のコメント

私も密かに一筆させていただいた表題の対談@文春オンラインに付いて、

関東圏の在宅医療を担われている悠翔会理事長の佐々木淳先生が

クリニックのブログにてコメントされました。

お二人の敬意を示しつつも対談内容で2点は同意しかねるということ。

www.yushoukai.org

現場のリアルとエビデンスの確かさを通してその言葉の深みが際立つ。

(尊敬の念ばかりなり)

その他、多くの先生たちがTwitterなどを通して落合氏にコメントを寄せていたようです。そして、落合氏からも下記の内容が出されていました。

note.mu

 

と言うことで、議論に上がったことが本当によかった。

自らの職域の性質上、対談内容を記事にする際に「文字数」「ライターや出稿元の思惑や意図」が入ることは否めない。(文春オンラインと言う出元も考慮しつつ)

これを読んだ時、その事情がうっすらと感じ取れたので、かいつまんで否定することは私はしたくなかった。

 

なぜなら、

1)落合氏の「技術で社会に貢献する」ことには賛成している。この内容に落ち着いた背景があるに違いない。(要するに抜け落ちている何かがあるだろう…)

2)実は切り捨て理論は社会形成されているという耐えがたい事実がある

3)この対談の流れを大方支持する人が少なからずいる。

 

そこには、人間のもつ心理学的背景がある。

人は弱っていくことを望まない。自尊心高い方であればあるほど。

そこにある自分を想像できない。想像しない。排除する。

 

やはり新年早々、猪のように議論が進みそう。

この議論に参加されている人たちの集合知が結集されて欲しいし

その中で自分ができることを続けていきます。

なにせ、人類史上初めてのことだらけ。

猪さん1年走り回るのね?

【健育社】人生の最終段階まで「本人の意思」を尊重するために、今できることを

 

人生の最終段階における医療・ケアを考える1年になりそうです

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年はいくつか「人生最終段階の意思決定」に関わる領域に大変化が起きました。 

 

1>アドバンス・ケア・プランニングの愛称「人生会議」が選ばれたこと。

「人生会議」してみませんか|厚生労働省

また、11月30日を人生会議の日と定めたようです。

(理想的な設定は年末年始やお盆の期間だと思いますが。)

2>診療報酬への反映…

行政がここに踏み切ったことが私にとっては驚きでした。

1>が出てきた背景として、2018年4月以降の医療・介護の診療報酬改訂に「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)」により、本人の意思決定や代理人を話し合うことが盛り込まれたことがあります。

詳細は神田裕二先生の書かれたブログを参考にしていただけると良いかと思います。

Web医療と介護

*******************

2019年はこの話が次々話題になると思われます。

(本当は自分がどう伝えていくか塾考したかったのですが)

早速…いきなり文春オンラインにおいて、古市氏と落合氏の対談が掲載され、巷で話題になっているようです。

bunshun.jp

この内容に対し、医療ジャーナリストの市川氏が懸念を投じています。

news.yahoo.co.jp

少子高齢化」という複合的な課題 

この問題は、非常に複合的なものです。そもそもの前提が「少子高齢化問題」を先延ばしにした平成時代の罪だと思います。高齢化だけではなく、少子化をセットで行うこと。それをせずに過ごした30年。実は…もう、あちこちで待った無しです。2006年から消費生活アドバイザーとしての活動で頑張ってきました。その立場から、医療従事者の皆さんに投じてきた研修など諸々やってきましたが…。力及ばず。

 

これが一度に動き出す気配のある2019年。世論が高まることはライフワークとして行ってきた身としては御の字です。

 

社会保障内容と費用全般

医療費については、市川氏のおっしゃる通りで終末期の医療費に着目しただけで医療費問題は解決つきません。

使い方、使われ方を全般的に見てバランスを取る必要があります。バランスを取れるのは行政しかできないと思います。なぜならそこで報酬を得て生きている人たちのパワーバランスが出てくるからです。

(むしろ、利益ではなく、自分の未来の日本を真に考えてくれる高校生たちに議論してもらったほうがいいのではないかと思うほど。)

色々点で話したいことはありますが…。別機会にして。

 

ここで一番考えることは「人生の最期にどうありたいか」を考える・意思を伝える・語る文化を作り上げておくことではないかということです。質の問題。

 

人生最終段階の医療やケアは質・価値観の問題

質問題とする場合、今、死を自宅で迎えられる方はまだ全体の少数派です。

家族が受け入れられるだけの力を持てない状態・不安な心を支えきれない。

実は自宅で亡くなりたい人の方が多い(アンケートでは6割程度が自宅を希望)のに。

死が身近でない社会。自分事として考えられなくなってしまった日本の状態。

どう生ききるのか、自分でHappyな終わり方って何だろう。

映画のエンドロールが流れる間に

送った人が「よかった」と言うのか「これでいいの?」とモヤモヤするのか。

というような質の問題です。

そもそも、皆、人は死にたくない。怖い。

だからこの話題から気持ちを背くこととなります。

そして、

「自分が老い、できなくなるという状態、輝いていた時代と異なり、自律を失う自分を想像することさえ受け入れ難い」

ことが裏側の心理としてあります。

 

この時の質を高くするには、

● 精神的にも社会的にも満たされること

● 自分の尊厳を保てること

そして、この2つは、個々それぞれが何を求めるのかを示さない限り、そのようになりにくいこと

⇨だから、大切な人に、書いて、伝えておく

=人生会議

ということなのでしょう。

「あなたにとって、尊厳って何ですか」

「あなたにとって精神的にも社会的にも満たされた状態は何ですか」 

これ、医療じゃないでしょう。

(とはいえ、モヤモヤするのです。)

 

生き方、逝き方、日本を全員で考える1年になりそうです。

私は樹木希林さんのようになりたいですが、まだまだジタバタするのでしょう。

やはり怖いから。だから、安心して語れる医療従事者、介護従事者を見つけたいのです。

だるま落としはお得意です

 

【調剤薬局様向け】伝達力講座開催 にあたり 0期生募集

お申込み・お問い合わせ | 株式会社 健育社

2018年12月23日

株式会社 健育社(代表:畑川郁江)は、製薬企業の医薬品情報提供活動ならびに医療や介護分野で拡大が予想される「オンライン診療」「オンライン服薬指導」に必要な発声スキルを学べるオンラインコンテンツの提供を開始します。

一般的な受動的なe-learningと異なり、講師のみならず、研修参加者全員が参加し投稿や情報交換などにより構成されるため、本プログラムのテストランニングとして、この度「0期生」としてご受講いただける調剤薬局ご勤務の薬剤師の方ならびに法人様を「周知の皆様向け(SNS等)」に特別価格にて募集します。

 

●対象;薬剤師、薬局法人様

●お一人様トライアル価格;10,000円(税別)

(薬局法人様全体のご参加の場合、人数により別途検討します)

●受講期間; 1ヶ月(開始予定;1月12日(土)〜2月9日(土))

●システム稼動を始め、運用の解決と改善のアドバイスをいただきます。

●参加者様の感想・ご意見を踏まえて、1期を3月21日より本システムによる研修を正式展開します。

お申込み・お問い合わせ | 株式会社 健育社

🔷健育社の研修

 健育社は、2013年より製薬企業向けのコールセンター並びにMRのオンラインを通した製品情報提供活動のための「発声」「伝達力」、「コミュニケーションスキル」研修を司会・アナウンサー業を本業とするプロなどを起用し受託してきました。

この研修内容を基本としてコンテンツ化し、今後の「オンライン服薬指導」、「オンライン診療」に必要な基本的対話スキルとして、今まで対面集合形式で展開していた研修をマイクロラーニング形式を導入し展開します。

※マイクロラーニング形式とは、プログラムを数分のコンテンツごとにまとめ、気軽に視聴、受講できる双方向システムです。PC及びアプリでアクセスでき、講師との双方向に加えメンバー共有・共感も可能で、フィードバック、コミュニティで学び合えるシステムを採用し、面展開を行います。

こスムーズにオンライン服薬指導、オンライン診療を行える「人」の育成にご支援します。

●オンラインのほか、集合研修も今まで通り承ります。

●マイクロラーニング導入のメリット;

多忙な医療・介護従事者の時間の研修時間確保をできる限り隙間時間に確保し自己の説明スキル向上を目指すことができる。

隙間時間にどこでも受講可能であり、かつ、企業の研修スタイルに応じて対面の集合研修との組み合わせも可能となる。

新人導入研修での全員実装のスキル、新たにオンラインでの情報提供活動を行う際の基本となる。

 

引き続き、製薬企業様向けの研修も承ります。

お申込み・お問い合わせ | 株式会社 健育社

協力企業、法人の様の募集

弊社は少数精鋭で事業をプロジェクトごとにまとめて得意とする分野の方の集合にて事業を提供します。この先のオンライン診療やオンライン服薬指導に関する研修事業について、展開活動にご支援いただける個人および法人様を募集します。

 

keniku.jp

悲しい存在感

発売前の担当獲得のためのコンペに際し、様々な情報提供と支援を行った広告代理店様のご担当より久しぶりにお電話を頂戴した。

 

この医薬品はもう発売され、一連の資材展開はすでに終わり一段落している。コンペで勝ったとの連絡もなければ、その後の資材作成の支援協力についても連絡がなかったので、まあ人が十分に足りているのだろうと思っていたし、

連絡がないというのは私の労が不要であるということだと認識していた。

 

 

私のような仕事は、

 

忙しいから助けて!

 

という時はニコニコ関係性を作ってくださるが、

多忙期を超えると何もなかったかのように連絡も来ない、

ということが当たり前の

「ちょっと悲しい」

関係性しか感じられない世界である。

 

自分の存在ってこんなもんだ、と思わざるを得ない日々を平然と送るのですから、なんて精神的に強くなったのだろう。

 

私の関わる薬は、必ずその治療領域において自分を活かすことができるのかという視点にたち引き受ける。

また、その医薬品が個性的で患者さんに望まれていることが多いので良い薬に巡り会えたという感謝の気持ちしかない。その中で仕事をする。

 

(でないとやってられないのである)

 

今回の電話は一連の仕事が終わってしまったというのに、お礼も仕事がないという連絡さえもしなかったから申し訳なかった、というお詫びだけだった。

 

(仕事があるのかとおもったのですが残念ね)

 

。。。そのご担当自身が気づいたのではないだろう。

おそらく、ある人から言われたんじゃないかな。

あるいは受け先で私を知る人が私の名前を言ったか、

年賀状リストで見つけて思い出したとか、そんなところかな。

 

それに対してしっかりとお詫びの電話をくださるなんて、ある意味でありがたいことです。

 

存在の薄い人という生き方は、結構強い心臓が必要なわけですね。

 

ゴミのように不要にされたとしても、

手を加えた製品が、今患者さんのところで役に立っている、

笑顔を与えられているのであればいいのかな、

 

と、自己満足ですが感じます。

とても寂しい存在ですね。

 

この先、医療用医薬品の広告資材のあり方も大きくかわってくることでしょう。

医薬品の情報提供方法も変わってくることでしょう。

MRもどんどん減っていくことでしょう。

 

すると、どのように情報を伝えていくのか、

医療機関の広告もしかり。

 

あまりにも突然でしたが、電話という連絡方法でお詫びをくださった方に、

そしてその方に恐らく「連絡してないのか」

とぐさっと話をなさった方に。

 

御礼申し上げます。

そして

 

医薬品広告代理店の方、いま仕事は充実していますか?

満足していますか。

 

そのまた上のクライアントにも。

 

2018年師走の午後の出来事でした。

f:id:kunieikuken:20181214153455j:plain

京都201の